第一回本公演
​「狂奔」

高校2年生の松本信爾は、同じく高校2年生の真理亜と下校途中に、橋から飛び降りようとしている女性、千里に出会う。
その女性は6年前に信爾を救ったジャーナリストだった。

一方その頃、信爾が通う高校では信爾の腕に残っているリストカットの痕について職員会議が行われていた。

街角で信爾と千里の再会を目にしていた信爾の親友、良佐は、6年前に起こった「事件」に対し後ろめたい気持ちを抱えていた。


6年前の事件に関わっていた信爾と良佐、信爾に救われた真理亜と和希、そして千里の5人は、事件が起こった信爾と良佐の地元の村へと向かう。

果たして、誰の言葉が真実なのか、何が原因で起こった事件なのか。
6年の時が経ち、過去が明らかになるのか。
真犯人は一体ーー

チラシ表.jpg
チラシ裏.jpg